HOME > ゴールデン・エレファント賞 受賞作家一覧

ゴールデン・エレファント賞 受賞作家一覧

第4回大賞受賞

時武 ぼたん (ときたけ・ぼたん)
時武 ぼたん (ときたけ・ぼたん)

神奈川県出身。
1994年 明治大学文学部卒業後、海上自衛隊幹部候補生学校入校。任官後、遠洋練習航海(世界一周)を経て、呉の練習艦に水雷士兼甲板士官として勤務。現在、二児の母。小説講座の受講を機に、かつての艦上の日々を振り返り、本作を執筆。ペンネームは、エンデの『ジム・ボタンの機関車大旅行』に由来。

第3回特別賞受賞

わかたけ まさこ(ワカタケ マサコ)
わかたけ まさこ(ワカタケ・マサコ)

神奈川県出身。
高校時代から時代小説やノンフィクションを愛読する。古代世界史を主題にした小説が読みたいと、2010年より小説講座に通い、本格的に執筆を開始。最近関心をもっている歴史的事象は、「プチャーチン提督と日露和親条約」、古代バビロニアの「ハンムラビ法典」。理想の男性はカルタゴ将軍「ハンニバル」と西ローマ帝国軍総司令官「スティリコ」。

第3回 大賞受賞

SHU EJIMA(シュウ・エジマ)
SHU EJIMA(シュウ・エジマ)

1976年生まれ。
ミステリー、ホラー、SF など広く読む。ハリウッド映画のように非日常的なスケールの物語が好き。どんな形であれ読者に「面白かった」と言ってもらえる物語の創作を心がける。夢は世界遺産巡り。趣味はバーベキューと格闘技。携帯電話の待ち受け画像は兄夫婦の飼うダックスフント。

第2回 大賞受賞

石川 智健 (いしかわ・ともたけ)
石川 智健 (いしかわ・ともたけ)

1985年生まれ。神奈川県出身。
25歳のときに書いた本作で「ゴールデン・エレファント賞」第2回大賞を受賞、26歳で作家デビュー。大学時代から執筆に没頭し、現在会社員として勤務しながらも、通勤時間を使って毎日書くということを意図的に習慣化。1週間で原稿用紙50枚をこなせる力をつけた。好きな作家は劇作家・歴史小説家のアレクサンドル・デュマ。

第2回 優秀賞受賞

磐木 大 (いわき・ひとし)
磐木 大 (いわき・ひとし)

1978年生まれ、大阪出身。
放送作家としても活動する。24歳のときから小説を書き始め、第2回TBSドラマ原作大賞で最終選考まで残る。本作『柿崎トオルの出会った自殺請負人』にて第2回「ゴールデン・エレファント賞」優秀賞受賞。創作・執筆の場所は主に都内のカフェ。

第2回 特別賞受賞

根本 起男 (ねもと・たつお)
根本 起男 (ねもと・たつお)

1965年、神奈川県生まれ。
読売新聞東京本社文化部に勤務し、放送界の取材を10年以上続けている。キング、クーンツ、マキャモンといったかつての"モダンホラー"をこよなく愛し、95年にワープロ購入をきっかけに小説執筆を開始。黒岩研の筆名で『ジャッカー』や『真闇の園』などを著してきた。子供の頃から高校まで打ち込んでいた剣道は2段。趣味はハワイ旅行やパワースポットの探索。

第1回 大賞受賞

中村 ふみ (なかむら・ふみ)
中村 ふみ (なかむら・ふみ)

1961年生まれ。
高校時代には、アガサ・クリスティを始めとしたミステリーを愛読。27歳で結婚後、執筆活動を開始する。育児の合間を縫って応募した作品は、女子向けミステリーから短編・TVシナリオ・マンガの原作など多岐にわたる。2000年以降より短編やライトノベルが各賞で最終選考に残るようになり、2010年『裏閻魔』にて第1回「ゴールデン・エレファント賞」大賞を受賞し、作家としてデビューする。

第1回 大賞受賞

荒井 曜 (あらい・あきら)
荒井 曜 (あらい・あきら)

群馬県前橋市生まれ。多摩美術大学美術学部絵画科卒業。
美術、映画、音楽など幅広いジャンルでライター、プロデュースなどの仕事に携わる。2011年『慈しむ男』で第1回ゴールデン・エレファント賞大賞を受賞し作家デビュー。他の著作に『ヴィレッジ』、『分子の音 身体のなかのシンフォニー』(ノンフィクション)がある。2015年『慈しむ男 事件カメラマン天羽眞理子』(『慈しむ男』を加筆修正および改題の上、文庫化)
写真:(C)Kousuke Natatsuka

第1回 特別賞受賞

升本 九八 (ますもと・きゅうはち)
升本 九八 (ますもと・きゅうはち)

1977年、大阪生まれ。関西大学社会学部マスコミュニケーション学専攻卒。
学生時代に始めた演劇をきっかけにシナリオを書き始め、アニメ『ONE PIECE』のテレビシリーズで脚本家デビュー。現在も「ますもとたくや」の筆名で、ドラマや映画などの脚本を数多く手がけている。原作小説をシナリオ化してきた経験を元に、まず脚本にした作品を小説に書き起こす、逆の手法を試みた本作で第1回「ゴールデン・エレファント賞」審査員特別奨励作品に選出された。小説家としての筆名の由来は、付き合いの長いOSのバージョン名から。

新刊予告
Information 一覧をみる